TOP > 校内研修
サイトイメージ

研修資料・教材

   「情報モラルを子どもたちにどのように指導するか」というテーマについて,とても難しく感じている先生方がいらっしゃるかもしれません。ここには,どのような観点で子どもたちを指導したらよいかを校内研修等で学ぶための配付資料と研修会を主催する指導者のための手引が掲載されています。
   各学校の実情や最新の情報を反映することができるように,ワード形式の資料も用意しました。自由に加筆修正しながらご利用ください。

情報モラル実践報告

   インターネット上には数多くの情報モラルに関する教材コンテンツが存在しています。しかし,どの教材をどのように利用したら良いのか,またどのような効果が期待できるのかが分からず,その利用を躊躇(ちゅうちょ)してしまうことがあります。
   ここには,「児童生徒の情報モラルの指導法に関する調査研究」の研究協力委員を中心に,情報モラルに関するインターネット上の既存のコンテンツ等を使って授業を行ったときの実践報告を事例として掲載しています。各教科科目や道徳,ホームルーム活動の中で情報モラルに関する授業を行ったときの「準備の難易度」や「ねらい」,「指導案」や「指導の効果」などについて報告しています。

   また,事例は,1時間で指導する「情報モラル授業実践報告」と10分程度を目安に短時間で指導する「情報モラルちょっと授業実践報告」の二つの形式で紹介されています。授業の内容や展開に合わせて参考にしてください。




プレゼンテーション教材(パワーポイント)

   子どもたちの携帯電話・スマートフォン,インターネット利用に伴うトラブルや危険を回避し,適正な利用を図るための情報モラル指導用教材です。

   インターネット上への個人情報記載やコミュニティサイトに潜む危険,友だちの書き込みから本人を特定されてしまう怖さなどを実感できるような構成になっています。