back

ラムネを作ろう

 はじめに
 中学1年生で,気体の発生を学習します。その応用として,市販されている材料でラムネを作りましょう。


 準備
・重曹 1.5g   ・クエン酸 1.5g   ・砂糖15g
・水 130ml   ・コップ   ・スプーン


 実験方法

(1) 水130mlをコップに入れて,そこに重曹1.5gを入れます。
(2) 砂糖15gを入れます。
(3) クエン酸1.5gを入れます。


 結果
 クエン酸を入れると,すぐに泡が出ます。


 原理
 重曹(炭酸水素ナトリウム)に,塩酸を加えると二酸化炭素が出てきます。ここでは,塩酸の代わりに,飲むことのできる「クエン酸」を使いました。クエン酸は,レモンなどの酸っぱい成分です。また,重曹は,熱を加えたり,酸っぱいものを加えたりすると二酸化炭素が発生します。
 重曹にクエン酸を加えることで,二酸化炭素を発生させ,これが水に溶けると炭酸水になります。ラムネはこれを甘くしたものです。
 市販のラムネ(サイダー)は,甘味や香料を入れた水に直接二酸化炭素(炭酸ガス)を溶かして作られています。

back