学習や生活上で,次のようなつまずきが見られることがあります。

 「聞く」こと
聞き間違いがある。
新しいことをなかなか覚えられない。
指示の理解が難しい。
「どうして」「どのように」などの質問に答えることが難しい。
ちょっとした雑音でも注意がそれやすい。
聞きもらしがある。
 「話す」こと
語句を間違わずに復唱することが難しい。
文法的に不正確な言い方をする。
ある言葉を間違った意味において使うことがある。
語を羅列する,文が短いなど内容的に乏しい。
分かりやすく伝えることが難しい。
発音しにくい言葉がある。
適切な速さや大きさで話すことが難しい。
 「読む」こと
平仮名,片仮名などの文字を読むことが難しい。
文字を抜かしたり,余分な文字を加えたりして読む。
習った漢字が読めない。
形態的に似た字を読み間違える。(「使う」と「作る」 など)
音読はできても,内容を理解していないことがある。
文章の要点を正しく読み取ることが難しい。
 「書く」こと
聴写すると書き誤る。
鏡文字がある。
文字を視写することが難しい。
ノートやマスの大きさに合わせて文字を書くことが難しい。
姿勢や,鉛筆等の用具の使用がぎこちない。
漢字の細かい部分を書き間違える。
助詞を適切に使うことが難しい。
思いつくままに書き,筋道の通った文が書けない。
 「計算する」こと
数を正確に書き表すことが難しい。
大小の判断がすぐにできない。
九九がなかなか暗唱できない。
繰り上がりや繰り下がりのある計算が難しい。
どういうときに何算を使えばよいのか判断が難しい。
文章題を解くのが難しい。
 「推論する」こと(量や空間,図形の認知を含む)
量を比較することが難しい。
量を表す単位についての理解が難しい。
時間の概念を表す言葉の理解が難しい。 
位置や空間を表す言葉の理解が難しい。
形を構成したり,弁別したりすることが難しい。
図形を模写することが難しい。
因果関係の理解が難しい。
内容や形式,やり方などの変化に応じることが難しい。
◎学習上の困難のある子供たちの中には,運動面の困難や社会性の困難などを併せもつことが多いとも言われています。具体的な例を挙げると・・・・
☆「行動・運動」
手先の細かい運動が苦手で不器用。
縄跳びのような身体全体を協調させる運動が苦手。
自分勝手な行動が多く,ルールの理解が遅い。

☆「社会性」

友達への関心が薄い。
遊びの場面で友達とのトラブルが多い。
 以上のような特徴については,医学的な立場から学力の特異的発達障害,会話及び言語の特異的発達障害,運動機能の特異的発達障害などに診断分類されます。
学習上の困難とは
  個別の指導計画 障害の基礎的理解 サイトマップ