個別の教育支援計画

 
個別の教育支援計画は,厚生労働省が提唱した「個別の支援計画」の理念を受けて,平成15年3月の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」で明確化された学校教育における支援計画です。
 生涯にわたる支援の中で,特に学校教育にかかわる期間をサポートするため『関係諸機関との連携ツール』として提案されました。
 愛知県では平成16年度に『個別の教育支援計画策定委員会』を設置し,小中学校及び盲・聾・養護学校のモデル案を作成・配布しました。
 ここでは,「小学校の通常の学級」,「中学校の特殊学級」,「盲・聾・養護学校」の例を挙げたいと思います。
  個別の教育支援計画策定の経緯
平成13年 1月 21世紀の特殊教育の在り方について(最終報告)
平成14年12月 「障害者基本計画」「重点施策実施5か年計画」(新障害者プラン)
 
※障害のある人を生涯にわたって支援する「個別の支援計画」を提唱   
 
平成15年 3月  今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)
 ※学校教育期間にわたる支援計画を平成17年度までに策定することとし「個別の教育支援計画」と呼ぶ
平成16年 1月  「小・中学校におけるLD(学習障害),ADHD(注意欠陥/多動性障害) ,高機能
             自閉症の児童生徒への教育支援体制整備のためのガイドライン(試案
)」                                                
平成16年12月  「特別支援教育を推進するための制度の在り方について(中間報告)」
平成17年12月  「特別支援教育を推進するための制度の在り方について(答申)」
個別の教育支援計画の概念図はこちら   
個別の教育支援計画」と「個別の指導計画」は相互に深く関連しています。
両者の整合性を十分検討して作成しましょう。詳細はこちらです。