1 「個別の教育支援計画」とは

「個別の教育支援計画」とは,福祉,医療,労働等の関係機関が連携して,障害のある幼児児童
生徒一人一人のニーズに応じた支援を効果的に実施するための計画で,中・長期的な視点で乳幼児
期から学校卒業後まで一貫して的確な教育的支援を行うために作成するものです。
(概念図参照)
 新障害者プランで示された「個別の支援計画」のうち,学齢期において教育機関が中心となって
作成するものに該当し,各学校において策定することが求められています。

 2 対象者

「個別の教育支援計画」を作成する対象となる幼児児童生徒については,診断のあるなしにか
かわらず
,次のように考えます。


@盲・聾・養護学校及び小・中学校の特殊学級に在籍する幼児児童生徒
A小・中学校の通常の学級に在籍する児童生徒のうち,学校と保護者との十分な話し合いに基づ
 き,特別な教育的支援が必要と認められる者

B教育センターや学校などの教育機関で教育相談を受けている者や,福祉や医療等の関係機関な
 どを通じて紹介があった者で,保護者との相談に基づいて特別な教育的支援が必要と認められ
 る者

3 「個別の教育支援計画」の作成について

  「個別の教育支援計画」は,愛知県教育委員会が提示したモデル案等を参考にして,各学校が
 在籍する幼児児童生徒の年齢や障害の状態等に応じて作成する必要があります。

  各学校の実情と幼児児童生徒の実態に応じて独自に項目を設定したり,記入する欄の大きさな
 どを工夫したりすることができます。

  幼児児童生徒一人一人の「個別の教育支援計画」の作成に当たっては,保護者との十分な話し
 合いのもとに進めるものとし,個人情報の管理に十分配慮するとともに関係機関等との情報のや
 りとりについては,慎重を期すようにしなければなりません。


<個別の教育支援計画作成の背景>

・「21世紀の特殊教育の在り方について(最終報告)」(平成13年1月)
 「教育,福祉,医療,労働等が一体となって乳幼児期から学校卒業まで障害のある子ども及び
その保護者等に対する相談及び支援を行う体制を整備する。」と提言されました。


・「障害者基本計画」(平成14年12月)
 「障害のある子どもの発達段階に応じて,関係機関が適切な役割分担の下に,一人一人のニーズに対応して適切な支援を行う計画(個別の支援計画)を策定して,効果的な支援を行う」とともに,「乳幼児期における家庭の役割の重要性を踏まえた早期対応,学校卒業後の自立や社会参加に向けた適切な支援の必要性にかんがみ,これまで進められてきた教育・療育施策を活用しつつ,障害のある子どもやそれを支える保護者に対する乳幼児期から学校卒業まで一貫した効果的な相談支援体制の構築を図る」ことが示されました。

・「重点施策実施5カ年計画(新障害者プラン)」(平成14年12月)
 「地域において一貫して効果的な相談支援を行う体制を整備するためのガイドラインを平成16年度までに策定
する」ことが示され,「盲・聾・養護学校において個別の支援計画を平成17年度までに策定する」ことが示され
ました。
 

「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」について