作業種目  紡織  「タフバンドのあみかご」
1 作業の特長 完成したあみかご
・手指の巧緻性を向上させるのに適している。
・最後までやり抜く力を育てるのに適している。
2 材料・用具
タフバンド(段ボール梱包用のベルト),ステープラー,はさみ,タフロープ
*補助具(板に釘を3p間隔で一列に打ち付けたもの)  補助具
3 作業工程
(1)タフバンド集め ・梱包物からタフバンドを外すとき,集めておく。
・できるだけ伸ばした状態で保存する。
 
(2)切断 ・40〜50pの長さに切りそろえる。  
(3)固定 ・タフバンドを10本用意し,セロハンテープで固定する。

*留意点
・底の大きさで6本,8本など偶数本に変更してもよい。


*補助具
・写真のように,補助具に並べると簡単にできる。
底部の編み
(4)編み込み ・写真のように交互に編み込む。

*留意点
・最初は,縦と横で色の違うタフバンドを使用するとよい。




・縦と同じ本数編み込めたら,ステープラーで四隅を留め,正方形にする。
編み込み

ステープラで留め
(5)立ち上げ ・編み込んだ本数の半分の位置から立ち上げる。

*留意点
・立ち上げ方が難しいので,教員がこの工程を行ってもよい。


・立ち上げがうまくできたら,ステープラーで留め,固定する。
・後は,順に立ち上げて編み込む。

    
詳しい立ち上げ方は,ここをクリック

          立ち上げ方
立ち上げ

立ち上げの編み込み
(6)整形 ・適切な高さのところをタフロープで縛る。
・ステープラーの針を外して,編み目の隙間を詰め,全体の形を整える。
タフロープ留め
(7)折り返し,端の始末 ・タフロープの位置で,写真のように折り返し,3目ほど編み込み,余りは切り取る。
・他のタフバンドも同じように編む。
・タフロープを取り除く。
端の始末
4 支援上の留意点
・編み方の練習は紙テープを使用するとよい。
5 評 価




項目 段階 T U V
編み方 指示されて編む。 縦と横のタフバンドの色を意識して,交互に編み込む。 縦と横のタフバンドの色を分けずに編み込む。
立ち上げ 指示されて立ち上げる。 底の半分の位置を意識して編み上げる。 四隅を立ち上げながら編み上げる。
折り返し タフバンドの折り返す方向が分かる。 タフバンドを折り返して編み込む。 折り返す高さをそろえて編み込む。
 態度面・知識面の評価