作業種目  基本作業  「ボルト・ナットの組立て」
1 作業の特長  ボルトと計数器
・手先の巧緻(こうち)性を高めるのに適している。
・長時間の作業に慣れ,集中力や持続力を養うのに有効である。
2 材料・用具
ボルト,ワッシャー,ナット,計数器,計数器枠,材料分別ケース
3 作業工程
(1)作業日誌の記入 ・今日の仕事,目標数などを記入する。
  
作業日誌はここをクリック
     作業日誌
  
(2)材料道具の準備







・材料ケースにボルト,ワッシャー,ナットを適当数入れる。





・目標数の計数器を計数器枠に並べる。
空の材料分別ケース
材料分別ケース
材料分別ケースにボルト、ワッシャー、ナット

計数器
計数器
計数器枠
計数器枠
(3)組立て







・ボルト1本につき,ワッシャーを2枚入れる。













・ナットを最後まで締める。(ナットの上下に気を付ける。)






・組み立てたボルト・ナットを計数器に入れる。
・計数器がいっぱいになったら報告し,点検を受ける。
ボルト・ワッシャー・ナット

ボルトにワッシャー2枚を通す

ワッシャーの次ぎにナットを通す

最後まで締められたナット

計数器に入れたボルト
(4)まとめ ・作業日誌に出来高を記入し,作業の自己評価をする。
・点検を受ける。

  
4 支援上の留意点
・生徒の実態に合わせた作業方法を設定する。
・生徒の実態に応じて作業日誌の内容を工夫する。
・材料を入れたケースは重いので運搬の際,落としてけがをすることのないように注意する。
5 評 価


項目 段階 T U V
  組立て 指示された部品を組み立てる。
必要な部品を自分で取り,組み立てる ナットの向きや完成形を意識して組み立てる。
 態度面・知識面の評価