作業種目  木材加工  「花台」

1 作業の特長

花台完成品
・のこぎり,ドライバー,げんのうなどの道具の扱いに慣れるのに適している。

・作業に対する安全意識を高めるのに適している。

2 材料・用具
作業台,材木(丸太),ロープ,がんどうのこぎり,ドライバー,げんのう,木片,チョーク,保存袋,電動サンダー,サンドペーパー(50#,100#,180#,240#),布,クリア(植物樹脂塗料),手袋
3 作業工程
(1)皮むき ・丸太を使用する際は,ドライバーとげんのうを使って皮むきを行う。 丸太の皮むき
(2)切断 ・約2p間隔で,がんどうのこぎりを使って切断する。

*留意点
・チョークで切断面を描き,平行に切断する。
・材料が動かないようにロープで固定する。
・切断した円形の材料は,保存袋の中に保管しておく。
がんどうのこぎりでの切断
(3)研磨 ・切断した材木をサンドペーパーで磨く。サンドペーパーは段階ごとに,50#,100#,180#,240#と順に使う。
・電動サンダーを使い仕上げる。

*留意点
・摩擦熱が気になる場合は,サンドペーパーを木片に巻き付けて研磨する。
サンドペーパーでの研磨
(4)仕上げ ・クリアを布に染み込ませ磨く。

*留意点
・光沢を増すために何度も磨くとよい。
布での磨き作業
4 支援上の留意点
・材木を扱うときは,けがをしないように手袋を着用する。
・のこぎり等,手工具の取り扱い,管理には十分気を付ける。
・仕上げのときは,換気に十分留意する。
5 評 価




項目  段階 T U V
切 断 時間をかけながら,材木を切断する。 切断線に沿って切断する。 のこぎりの性能が分かり,切断線に沿って平行にきれいに切断する。
研 磨 サンドペーパーを木片に巻き付けて研磨する。 サンドペーパーで均一に研磨する。 電動サンダーを使って研磨する。
仕上げ 布で磨く。 布でむらなく磨く。 光沢が出るまで何度も磨く。
 態度面・知識面の評価