作業種目   窯業   [ひも作り製品(花びん)」
1 作業の特長 花びん 花びん大小
・手指の巧緻性を養うのに適している。
・能力に応じて,小さな製品や大きな製品まで応用しやすい。
2 材料・用具
粘土,しっぴき(針金,ナイロン糸でも代用できる),ろくろ,濡れタオル,くし,刃針,陶芸用弓,釉薬,サンドペーパー(#60程度),ひしゃく,スポンジ
3 作業工程
(1)ひも作り ・粘土をひとまとめにし,均一な太さ(直径1p程度)のひもを作る。












・作ったひもは乾かないように濡れタオルに巻いておく。
粘土のかたまり

ひも状に

濡れたタオルにまかれた粘土
(2)底作り ・底用の粘土を丸める。










・厚さ2p程度になるまでろくろの上で平らにする。
・刃針を持った手を体に固定しながら,勢いをつけてろくろを回し,円を描く。








・円に沿って刃針で切り取る。
丸められた粘土

刃針で切り取り

花びんの底
(3)ひもの積み重ね ・積み重ねがきれいになるように,ひもの端を切り落とす。






・ひもを積み重ねる。









・ひもの重なり部分を外側と内側から指でつぶし,表面を平らにする。

*留意点
・ひもの積み重ねの際,ひもの先端をねじりながら重ねていくと,ゆがみが少なくできる。
・水漏れの原因になりやすいので,丁寧に重ねる。
端切り

ひもの積み重ね

表面を平らに

ねじり重ねる

表面を平らに
(4)口の部分の作成 ・口の部分を作り,陶芸用の弓で,余分な粘土を切り落として形を整える。









・切り口の表面を滑らかに整える。
切り口の整え

完成した口部
(5)模様付け ・くしで模様を付ける。 模様付け
(6)底の切り取り ・しっぴきを使い,底を切り取る。 底の切り取り
(7)乾燥,素焼き ・十分に乾燥し(1週間程度),素焼き(約700〜800℃で6〜8時間)する。  
(8)釉薬がけ ・十分に冷ましてから,釉薬をひしゃくでかける。

*留意点
・釉薬が底の部分に付かないようにする。




・底に付いた釉薬を濡れたスポンジでふき取る。
釉薬かけ

釉薬のふき取り
(9)本焼き ・本焼きする。(約1230〜1280℃で10〜15時間)  
(10)仕上げ,点検 ・十分冷ましてから,サンドペーパーの上で回転させ,底を磨く。
・水を満杯に入れて1日放置し,水漏れがないか点検する。
仕上げ
4 支援上の留意点
・作業が製作途中で中断する場合には,濡れタオルとビニールで包み,乾燥を防いでおく。
・乾燥,素焼き,本焼きをすると,元の大きさより15%程度小さくなることを考慮して製作する。
5 評 価




項目  段階 T U V
ひも作り 手の平を広げて,粘土を転がす。 粘土をひも状にする。 太さが均一でなめらかなひもを作る。
積み重ね 下のひもに重ねて乗せる。 指先で粘土をつぶしながら積み重ねる。 外側,内側とも,なめらかになるように積み重ねる。
 態度面・知識面の評価