作業種目  紙器加工  「香り玉」
1 作業の特長 香り玉完成品
・簡単な作業で,楽しみながら完成の喜びを味わうことができる。
・成形の手順を理解し,見通しをもって取り組める。
2 材料・用具
色付き紙粘土,ケース,下敷き(プラスチックなど),プリンの空き容器,棒,型抜き,お茶パック,ステープラー,エッセンシャルオイル,スポイト,ビニール袋,仕切り付きの箱
3 作業工程
(1)成形 ・色違いの紙粘土を混ぜながら丸め,3つ作る。
・ケースに濡らした布を敷き,紙粘土を入れる。






・下敷きを乗せ,棒で伸ばす。







・平らになった紙粘土を型抜きし,仕切りの付いた箱に一つずつ入れる。
・乾かす。
紙粘土丸め

紙粘土伸ばし

型抜き・乾燥

(2)パック詰め

・乾いた紙粘土を3個のプリンカップに,一つずつ入れる。






・エッセンシャルオイルをスポイトでたらし香りを付ける。
・お茶パックに手早く3個ずつ入れる。





・ステープラーで口を留める。
カップに入れる

香り付け

パック詰め
(3)袋詰め ・香りが抜けないように,ビニール袋に製品を入れ封をする。 袋詰め
4 支援上の留意点
・作業室内の整理整頓に努め,作業しやすい環境づくりに心掛ける。
・作業方法を理解しやすくするために,材料や道具の位置を工夫する。
・粘土を丸める,型を抜く,袋に詰めるなど,簡単な作業なので,生徒の力でできるようにする。
5 評 価




項目   段階 T U V 
紙粘土練り 2色を一つに丸める。 違う色の粘土を混ぜながら練る。 模様がきれいになるように練る。
成 形 粘土の上で,棒を転がす。 紙粘土の上で,棒を押しながら伸ばす。 紙粘土を均一な厚さになるように棒で伸ばす。
ステープラー留め ステープラーを押す。 紙パックを持ち,ステープラーで留める。 所定の位置に,ステープラーで留める。
袋詰め 開いている袋の口に入れる。 袋の口を開けて入れる。 袋に入れ封をする。
 態度面・知識面の評価