作業種目  縫製加工  「キルトの敷物」
敷物完成品1 敷物完成品2 敷物完成品3
1 作業の特長
・ミシンの直線縫いを学ぶのに適している。
・デザインや材料の種類を変えることで,いろいろな製品ができる。
2 材料・用具
表用布3色,キルト綿(20×20p),裏用布(中用,外用,各23×23p),中心布(3.5×3.5p),ロールカッター(鉛筆で印を付けて,はさみで切ってもよい),1m金尺(幅3.5p),まち針,ミシン,裁ちばさみ,布巻き用厚紙(適宜)
3 作業工程
(1)表用布の裁断 ・表用布を3.5pの幅に,ロールカッター,または裁ちばさみで裁断する。

*留意点
・幅3.5pの金尺を布端に当てて裁断してもよい。










*留意点
・布テープは種類別に巻いておく。1m以内の長さの方が作業しやすい。
ロールカッターによる裁断

裁ちばさみでの裁断

種類別に巻かれた布テープ
(2)裏用布,キルト綿の裁断 ・裏用布2枚(中用,外用)とキルト綿を裁断する。 裁断された裏用布とキルト綿
(3)中心の位置決め ・キルト綿に中心位置の印を付ける。
・キルト綿の下に裏用布(中用)を敷く。

*留意点
・厚紙を使うと中心がとりやすい。
中心位置の印の付けられた厚紙

中心位置の拡大図
(4)縫製 ・中心布をまち針で留める。






・中心布と同じ長さに布テープを切る。






・中心布と布テープの右端を一緒に縫い合わせる。裏用布(中用),キルト綿も一緒に縫い合わせる。

*留意点
・ミシンの押さえ金具の幅を目安にして,縫い幅を一定にする。


・布を広げたところ。
・キルト綿を左に90度回転させる。






・上記の工程を同様に繰り返す。
・常に布テープの右端を縫い,広げてから左に90度回転させる。




・写真の番号に従って縫い合わせる。
中心布がつけられたキルト綿

中心布に布テープを合わせる

ミシンでの縫製

右端だけが縫製された中心布

左に90度回転させて右端を縫製した中心布

縫製が3回繰り返させた状態

縫製作業が8回繰り返された状態

ほぼ全面に縫製作業が完了したキルト綿
(5)縁取り ・最後の列まで縫い終わったら,向かい合う辺に本体と同じ長さの布テープを当て,ミシンで縫う。

*留意点
・一番外側と同じ色の布テープを使うと,すっきり仕上がる。









・余分な裏用布とキルト綿を切り落とす。






・裏用布(外用)を乗せる。






・布テープを裏側に折り返し,布端を入れ込み,まち針で留める。





・約0.5pの間隔でまつり縫いをする。






・別の二辺を同じように縁取りする。
・本体の辺の長さより両端1.5pずつ長くしておく。








・ミシン縫い後,布テープの端を内側に折り曲げる。






・上記の折り曲げた間に布テープの端を入れ込み,まち針で留め,まつり縫いをする。

*留意点
・縁取りが難しければ,裏用布を中表に縫い合わせ,裏返す方法でもよい。
布テープを辺に当てる

ミシンでの縁取り作業

余分な布の切り落とし

裏用布を合わせる

まち針で留める

まつり縫いをする

向かい合う1組は本体の辺の長さより長く縁取る

角の処理

縁全体をまち針で留める

まち針による留め方の拡大図
4 支援上の留意点
・手順が複雑なので,工程を確認しながら作業を進める。
・ミシン針で指を刺すことがないように十分注意する。
5 評 価




項目  段階 T U V
裁 断 布を切る。 印に沿って切る。 まっすぐに切る。
ミシン縫い ミシンを扱う。 印に沿って縫う。 印なしで,布端をまっすぐ縫う。
布テープの縫い付け 布テープを縫い付ける。 布テープの置き方や縫う部分を理解し縫い付ける。 布テープの長さや置き方,縫い方を理解し正しく縫う。
まつり縫い 手縫い針で布をすくう。 糸が表に出ないように縫う。 針目をそろえてきれいに縫う。
 態度面・知識面の評価