作業種目  窯業  「鍋敷き作り」

1 作業の特長

完成した鍋敷き
・道具を使用し作業することで,手指の巧緻性が高まる。

・道具を使用することで,粗大な手指の動きでも作品を作ることができる。

・集中力,持続力の育成に適している。
2 材料・用具
色の異なる粘土(粘土A・・・五斗蒔,粘土B・・・美濃赤),麺棒,ローラー棒,タオル,スチール製弓,ビニール,粘土板,筆,どべ(粘土を水で溶かした泥),金属製へら,ガス炉,釉薬(織部,黄瀬戸),スポンジ,車いすテーブル付粘土棒製作台鍋敷き製作台
3 作業工程
(1)土練り ・粘土を濡れタオルで覆い,麺棒でたたき軟らかくする。

*留意点
・粘土の中の空気は,あらかじめ抜いておく。
土練り
(2)ひも状粘土作り ・粘土A,粘土Bを,それぞれ直径約3p,長さ約24pのひも状にまるめる。

・ひも状粘土をスチール製弓で,それぞれ3等分に切断する。
切断

ひも状粘土
ひも状粘土
(3)粘土棒作り 車いすテーブル付き粘土棒製作台にビニールを敷き,角材の溝に,ひも状粘土を麺棒で押し込む。

*留意点
・空気が入らないように,ひも状粘土を強く押し込む。


ローラー棒で粘土棒を平らにする。







・ビニールごと取り出し,粘土板に置き,ビニールを取り払う。

*留意点
・粘土は軟らかいので,取り出すときに変形しないように注意する。


・はみ出した部分は,金属へらで取り除く。









・粘土棒A,粘土棒Bの両側面に,筆でどべを繰り返し塗り付ける。
押し込み

平らに伸ばす

ビニールをはがす

粘土棒
粘土棒

どべ塗り
(4)鍋敷き作り 鍋敷き製作台に粘土棒A,粘土棒Bを交互に並べる。






・木をスライドさせ,圧力をかけ接合する。

*留意点
・木を極端に強く押し付けないようにする。
交互に並べられた粘土

圧力で接合

接合された粘土
(5)仕上げ ・左右の不ぞろいを,金属へらで取り除いて仕上げる。 仕上げ
(6)乾燥 ・粘土板の上で乾燥させ,少し硬くなったら,乾燥棚に移し乾燥させる。 乾燥
(7)素焼き ・乾燥した鍋敷きをガス炉(窯)に入れ,素焼きを行う。(約600度〜700度で約7時間) 素焼き
(8)釉薬がけ ・素焼きした鍋敷きに釉薬をかける。

・底についた釉薬は,スポンジで取り除く。
釉薬かけ
(9)本焼き ・十分に乾燥させてから窯に入れ,本焼きをする。(約1200度〜1300度で約15時間)

*留意点
・粘土の玉を底につけて,作品が重ならないように詰める。
本焼き
4 支援上の留意点
・けがややけどをしないように,安全に十分留意する。
5 評 価






項目  段階 T U V
土練り 麺棒で粘土をたたく。 粘土全体をむらなくたたく。 粘土が軟らかくなるまでたたく。
ひも状粘土作り 粘土をまるめる。 粘土をひも状にする。 長さ,太さを意識して,ひも状にする。
粘土棒作り 麺棒で押し込む。 隙間なく押し込む。 ローラー棒で平らにする。
鍋敷き作り 粘土棒を交互に並べる。 木をスライドさせて押し込む。 均等に力を入れて押し込む。
 態度面・知識面の評価