作業種目  農業・園芸  「夏咲き草花(マリーゴールド)」

1 作業の特長

プランターのマリーゴールド
・工程が比較的簡単で見通しがもちやすく,一つの工程の作業時間も短い。
・植物の生長が分かり,生き物を育てる喜びを味わうことができる。
2 材料・用具
移植ごて,育苗箱,じょうろ,ふるい,ビニルポット,プランター,新聞紙,マリーゴールドの種,用土,肥料(化成肥料),板(厚さ2〜3p)
3 作業工程
(1)種まきの準備 ・育苗箱に用土を入れて均等の深さにする。
・種まきのための溝を板で作る。

*留意点
・溝の深さは約1pにする。
・実態に応じ,用土を入れる作業と溝作りの作業を分担する。
育苗箱での溝作り
(2)種まき ・種子が接しない程度の間隔にまく。
・まき終わったら,用土をふるいにかけ,1p程度土を覆う。
・じょうろを使って静かに散水する。

*留意点
・たっぷり水を掛け,直接日光に当てないように濡れた新聞紙を掛ける。発芽し始めたら,覆いを取り除き日光に当てる。
種まき

新聞紙で覆われた育苗箱
(3)ビニルポットへの移植 ・本葉が3〜4枚になったら(発芽後20日前後),ビニルポットへ移植する。

*留意点
・実態に応じ,苗を移し替える作業と土を入れる作業を分担する。
ビニルポットへの移植
(4)プランターへの定植 ・プランターの用土に元肥を混ぜる。
・本葉が6〜7枚になったら(発芽後40日前後),プランターへ定植する。苗の間隔は,15〜20pにする。
・定植から1週間前後に追肥を施す。

*留意点
・苗の間隔が分からない場合は,目印を付けたロープを張って分かりやすくする。
・実態に応じて工程を分担する。
プランターへの定植
※散水・除草
(種まき後,必要に応じ随時散水・除草を行う)
・毎日,水をやる。
・雑草を抜く。
水やり
4 支援上の留意点
・道具を安全に扱うことができるように,必要に応じて言葉掛けをする。
・花の生長時期が夏季休業中になる場合があるので,出校日等を利用して散水等を行うようにする。
5 評 価




項目  段階 T U V
種まき 教師が指示したところに種子をまく。 溝に沿って種子をまく。 均等な間隔に種子をまく。
移植・定植 教師から苗を受け取り,指定の場所に置く。 苗をビニルポットから抜き,植え替えを行う。 苗の根を傷付けないように道具を使って植え替える。
散水 じょうろで水をやる。 まんべんなく水をやる。 散水する箇所,適量を考えて水をやる。
施肥 教師と一緒に肥料を施す。 一つ一つまんべんなく肥料を施す。 量を考えて肥料を施す。
 態度面・知識面の評価