作業種目  紡織  「シームレス製品(モップ,マット)」
モップ完成品
1 作業の特長
・手作業を通して,目と手の協応性や手指の巧緻性を高めるのに適している。
・単調な作業の繰り返しなので,持続力を高めるのに適している。
  モップ
2 材料・用具   マット完成品
糸くずの混ざったシームレス(ストッキングを輪切りにしたもの),かご,染色用の容器,染料(繊維用),網の袋,針金ハンガー
*補助具(束作り用器具)  
  
3 作業工程 マット
(1)仕分け ・糸くずの混ざったシームレスから糸くずを取り除く。
・シームレスを色別に分けて,かごに入れる。
・シームレスを色別に網の袋に入れる。
仕分け
(2)染色 ・染色用の容器に,水1,000tと染料13tを入れ,よく混ぜる。
・染色用の容器に,網の袋に入れたシームレスを入れて,よく混ぜる。
・1日そのままの状態で置き,その後,水洗いをし干す。
染め
(3)束作り ・シームレスを10本ずつ分ける。






*補助具[束作り用器具]
・束作り用器具の突起に1本ずつシームレスをかけ,10本1束にする。
束作り

束作り用器具
束作り用器具
(4)シームレス編み ・シームレスを編んで作品を作る。

【モップ作り】
・針金ハンガーを楕円型にし,針金ハンガーの骨にシームレスを結ぶ。

 詳しい手順は,ここをクリック 

【マット作り】
・シームレスを2本ずつ編む。

*留意点
・編む目の数や段数を変えることにより,マットの形や大きさを調節できる。

 詳しい手順は,ここをクリック  
モップ編み

マット編み
4 支援上の留意点
・染料の使用や保管には十分に留意する。
5 評 価




項目 段階 T U V
仕分け シームレスを色別に,かごに分ける。 シームレスの糸くずを取り除く。 シームレスの糸くずをきれいに取り除く。
束作り 補助具の突起にシームレスをかける。 補助具を使って,10本ずつのシームレス束を作る。 シームレスを10本ずつ束にする。
モップ作り 針金ハンガーの骨にシームレスを結ぶ。 針金ハンガーの骨にシームレスを結び,モップを作る。 結ぶ強さや結び目の向きに気を付けて作る。
マット作り シームレスを2本ずつ編む。 目こぼしすることなく,正確にシームレスを編む。 編み始めや段上がりの編み方を理解して,シームレスを編む。
 態度面・知識面の評価