作業種目  紡織  「すだれ」

1 作業の特長 すだれの完成品
・簡単な作業の繰り返しで,持続力を養うのに適している。
・作業内容が単調であり,活動に対する見通しがもちやすい。
2 材料・用具
よし,黒糸,編み機,のこぎり,はさみ,竹,サンドペーパー(♯100程度)
3 作業工程
(1)すだれの枠作り
・のこぎりで竹を幅3p,長さ120pに切断する。
 (上下用2本)
・切断した竹をサンドペーパーで磨く。
磨き
(2)おもりのセット
・編み機で使うおもりに黒糸を巻き付ける。 おもり
おもり
巻き付け
(3)編み機のセット ・黒糸を巻いたおもりを,編み機に掛けていく。 おもりを編み機に

セットされたおもり
(4)すだれ編み ・編み機の上によしを1本置く。
・左右のおもりを交差させる。
・上記の工程を繰り返して,目標の長さになるまで編む。

*留意点
・よしの代わりにプラスチックパイプや竹ひごなどで代用できる。
よしを置く
(5)仕上げ ・編み終えたら,糸を結んで編み機からすだれを外す。
・すだれの縁をはさみで切断する。
縁を始末
4 支援上の留意点
・のこぎり,はさみ等の道具を正しく扱い安全面に留意する。
5 評 価




項目   段階 T U V
ペーパーがけ サンドペーパーで竹をこする。 竹全体を意識して,サンドペーパーをかける。 仕上がりを意識して,サンドペーパーをかける。
黒糸巻き おもりに黒糸を巻く。 最後まで巻き終える。 初めから終わりまで,一人でおもりに黒糸を巻き付ける。
編み機のセット 編み機におもりを掛ける。 一人で編み機におもりを掛ける。 一人で左右のバランスを考慮して,編み機におもりを掛ける。
すだれ編み 編み機によしのおもりを交差する。 編み機によしを乗せ,最後まで正しくおもりを交差する。 よしを正確に乗せ,最後まで丁寧に編む。
 態度面・知識面の評価