特別支援教育とは?

 特別支援教育は,障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち,幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し,その持てる力を高め,生活や学習上の困難を改善又は克服するため,適切な指導及び必要な支援を行うものです。
 また,特別支援教育はこれまでの特殊教育の対象の障害だけでなく,知的な遅れのない発達障害も含めて,特別支援な支援を必要とする幼児児童生徒が在籍する全ての学校において実施されるものです。
 さらに,特別支援教育は,障害のある幼児児童生徒への教育にとどまらず,障害の有無やその他の個々の違いを認識しつつ様々な人々が生き生きと活躍できる共生社会の形成の基礎となるものであり,我が国の現在及び将来の社会にとって重要な意味を持っています。
【特別支援教育の推進について(通知)<平成19年4月1日>より】

 平成19年4月に施行された改正学校教育法により,全てに学校において特別支援教育を推進することが法律上も明確に規定されました。