愛知県教育情報通信ネットワーク運営管理規程

(目的)
第1条 この規程は、愛知県教育情報通信ネットワーク(以下「エースネット」という。)の
 利用等運営管理について必要な事項を定め、愛知県の学校教育における学習活動等を支援し
 本県の情報化教育の推進に資することを目的とする。
 (利用対象者)
第2条 エースネットに接続及び利用できる者は、次の各号に掲げる教育機関等(以下「学校
 等」という。)の職員及び児童生徒(以下「利用者」という。)とする。
 (1) 愛知県立の学校及び学校以外の教育機関
 (2) 愛知県内の市町村立の学校及び学校以外の教育機関
 (3) 愛知県教育委員会事務局及び市町村教育委員会事務局
 (4) その他、前各号に定めるもののほか、愛知県教育委員会が適当と認める機関
 (接続等の手続き)
第3条 前条に掲げる学校等で、エースネットに新規に接続しようとする場合にあっては、あ
 らかじめ教育情報通信ネットワーク接続申請書(様式第1)を提出し、許可を得なければな
 らない。
  ただし、前条第1項第1号及び第3号に掲げる学校等のうち愛知県教育委員会が所管する
 ものについては、申請の手続きを省略できるものとする。
2 前項に掲げる許可を得た後において、接続を廃止する場合にあっては、教育情報通信ネッ
 トワーク接続廃止届(様式第2)により、届け出るものとする。
 (利用内容)
第4条 エースネットの利用内容は、次のとおりとする。
 (1) ホームページの開設及び閲覧
 (2) 電子メール送受信
 (3) ネットニュース送受信
 (4) eラーニング
 (5) その他
 (運用時間)
第5条 エースネットの運用時間は、原則として終日とする。ただし、第11条に定める場合
 は除く。
 (エースネットの運営管理)
第6条 エースネットには、適正な運営管理を図るため、エースネット統括管理者(以下「統
 括管理者」という。)及びエースネットシステム管理者(以下「システム管理者」という。)
 を置くものとする。
 (統括管理者)
第7条 統括管理者は、愛知県教育委員会教育長をもって充てる。
2 統括管理者が事故等やむを得ない事由によりその職務を遂行することができない場合は、
 代理を置くものとし、愛知県教育委員会教育次長をもって充てる。
 (統括管理者の職務)
第8条 統括管理者は、次に掲げる事項を統括管理する。
 (1) エースネットの安全性・信頼性の向上及び運営のための措置に関すること。
 (2) エースネットの拡張、性能の向上に関すること。
 (3) エースネットの運営に支障があると判断した場合の、接続している学校等への必要な指
  示に関すること。
 (システム管理者)
第9条 システム管理者は、愛知県総合教育センター所長をもって充てる。
2 システム管理者が事故等やむを得ない事由によりその職務を遂行することができない場合
 は、代理を置くものとし、愛知県総合教育センター次長をもって充てる。
 (システム管理者の職務)
第10条 システム管理者は、次に掲げる事項を管理する。
 (1) 第3条に定めるエースネットへの接続許可(予算の範囲内とする。)及び接続廃止届の
受理に関すること。
 (2) エースネットの性能確保、障害の未然防止及び早期発見を図るため、エースネット構成
機器の稼働状況の把握など、一元的な管理に関すること。
 (3) エースネットの運営管理に必要な情報の収集、整理、保管、提供及び信頼性の向上に関
  すること。
 (4) エースネットの構成機器の拡張及び変更に関すること。
 (5) エースネットのシステム及びデータの保護並びに不正使用の防止に関すること。
 (6) エースネットの途絶防止及び応急復旧対策に関すること。
 (7) その他エースネットのシステムに関すること。
 (利用の停止)
第11条 システム管理者は、次の各号に掲げる場合、エースネットの利用を停止することが
 できる。
 (1) エースネットの改善、電気通信事業者による設備の点検・保守などの作業を行う場合
 (2) 停電、天災などの不可抗力による障害が生じた場合
 (3) その他やむを得ないと認める場合
2 エースネットの利用を停止する場合には、システム管理者は、あらかじめエースネット上
 で告示するものとする。ただし、緊急止むを得ない場合は、この限りではない。
 (学校等の管理責任者の設置)
第12条 接続を許可された学校等には、管理責任者及びネットワーク担当者を置くものとす
 る。
2 管理責任者は、学校等の所属長をもって充てる。
3 管理責任者は、所属職員の中から、ネットワーク担当者を選任する。
4 管理責任者及びネットワーク担当者の職務については、この規程に定めるもののほか、別
 表のとおりとする。
 (利用者の遵守事項)
第13条 利用者は、エースネットの利用に関して、次の各号に掲げる事項を行ってはならな
 い。
 (1) 第1条に掲げる目的以外の利用
 (2) 公序良俗に反した利用
 (3) 私的あるいは営利を目的とした利用
 (4) エースネットの環境を破壊する利用
 (5) エースネットの運用を故意に妨害する利用
 (6) 不正なID及びパスワードの使用
 (7) 端末を設置する学校等以外の場所からのダイヤルアップ接続(システム管理者が特に必
  要があると認めた場合を除く。)
 (8) その他エースネットとして不適当な利用
2 システム管理者は、利用者が前項各号のいずれかに該当する利用をした場合、管理責任者
 に通知し、管理責任者は、その利用者の利用を停止させるものとする。
 (登録情報の削除)
第14条 統括管理者は、エースネットに登録された情報の内容が、次に掲げる場合に該当又
 は該当するおそれがあると認めた時は、当該情報の削除に努めなければならない。
 (1) 公序良俗に反する場合
 (2) 第三者を誹謗中傷する場合
 (3) 職員及び児童生徒のプライバシーを侵害する場合
 (4) 著作権を侵害する場合
 (5) 法令に違反する場合
 (6) 私的な利用あるいは営利を目的としている場合
 (7) その他エースネットの目的に反している場合
2 前項の規定にかかわらず、システム管理者は、情報の内容等により緊急を要すると認めた
 時は、当該情報を削除できるものとする。この場合、システム管理者は、統括管理者に登録
 情報の削除について報告をしなければならない。
3 統括管理者及びシステム管理者は、前二項の登録情報の削除に当たって、その理由を示す
 義務を負わない。
 (利用状況の調査)
第15条 エースネットの円滑な運営のため、統括管理者は、必要に応じてエースネット利用
 に関する調査を行うことができる。
 (雑則)
第16条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

    附 則
 この規程は、平成10年1月6日から施行する。
    附 則
 この規程は、平成12年4月1日から施行する。
    附 則
 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

■別表

区 分 職 務
管理責任者 (1) エースネットの目的に即した利用のための指導
(2) ホームーページの運営及び保守管理
(3) 電子メール(以下「メール」という。)アカウントの運用管理、利用に関すること
(4) ネットワーク担当者の選任
ネットワーク担当者 (1) 校内ネットワークの管理運営
(2) ネットワーク担当者連絡網(メーリングリスト)への参加
(3) 管理責任者の指示によるエースネットに関する連絡調整
(4) 学校内におけるネットワークに関する協力体制の維持、調整
(5) メールアカウントの管理、発行、削除